「◯◯離れ」にもはや飽きてきたので、若者が最近離れたものについてまとめてみた

「◯◯離れ」 Uncategorized
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

いったいどれだけ離れれば気が済むの?「若者の◯◯離れ」

ニュースを開くとまたかと言わんばかりに出現する「若者の◯◯離れ」という記事。もう飽き飽きだよ!!どんだけ離れれば気が済むねん!

ということで量産される「◯◯離れ」に終止符を打つべく(無理)、もはや飽き飽きしてきたので、逆に最近離れたものは何なのか調べてやろうと思いました。完全に悪ノリです。

調べてみたら離れを通して世界の状況が垣間見ることが出来ました。色々離れ始めてるのは日本だけじゃなかったようです・・・!

若者が離れたもの (1) ソシャゲ離れ

徐々に進む「ソシャゲ離れ」、引退を決意したユーザーたちの声
https://www.moneypost.jp/607024

確かに、最近Twitterで見たソシャゲ友達らが「引退」の文字を掲げるのを目にするようになりました。

合理的な若者はソーシャルゲームに時間とお金を奪われるより大事なことに気づきはじめたのかも知れません。ウン百万課金したツワモノユーザーが夢のあとです。。。

若者が離れたもの (2) コンビニATM離れ

Googleニュースを巡回していて「は?」と思わず声に出してしまったニュースがこちらです。

コンビニATMで顧客離れ セブン銀利用、初の前年度割れへ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52736360Y9A121C1EE9000/

いや確かにそうだけどこれは個人的に無理やりこじつけ臭がしますね・・・。

キャッシュレス化により後押しされたためセブン銀行の利用量が減っているみたいです。1回お金下ろすだけでジュースが買えてしまう手数料は、正直馬鹿にならないです。キャッシュレスで払った方がお金を下ろすコストもかかりません。

若者が離れたもの (3) 恋愛離れ

「若者の恋愛離れ、SNSも一因」 “婚活生みの親”山田教授が指摘 「恋愛=面倒」の意識強く
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1911/27/news126.html

ぐ。。。
もはや、うるせえよ(強がり)しか言えません。

山田教授は、恋愛・婚活マッチングサービス「Pairs」(ペアーズ)を運営するエウレカと共同で、日本の恋愛・結婚の現状を調査。20~30代の独身者の74%が「交際相手はいない」状況だった。うち55%は「交際したい」と回答したが、ほとんどが「身近に出会いがない」「交際相手の活動をしていない」という。

世の中世知が辛すぎて、傷つかないように半分あきらめモードに入ってしまう若者は多いはず。(自分もその一人かも知れない)

若者が離れたもの (4) テレビ離れ

活字と並ぶ離れ界の2大巨塔ですね。

若い世代でテレビ離れ進む 約1割「見ていない」―時事世論調査
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112500129&g=soc

これアンケートを見る限り確実に(コンテンツ的には)テレビ離れを起こしているわけではなく、見る媒体がテレビからスマートフォンに移っているだけですね。それに見られてる番組第1位が「ニュース」になっているので、メディアが煽りがちな「テレビも観ないでスマホばかりいじってる若者はバカだアホだ」という論調は蹴り返せますね。

※というか平成生まれが小学生だった15年ほど前にあった「テレビの見過ぎで頭が悪くなる」と言っていた時代はどこに?

若者が離れたもの (5) 日本の米国離れ

若者だけではなかったようです。なんと日本もアメリカから離れているらしいです。

日本の気持ちが米国から離れているのは明らか、でも米軍のこの行動が日本を苦しめる―中国メディア
https://www.excite.co.jp/news/article/Recordchina_20191203006/

そんなところまで離れてるんですね。
とはいえ中国メディアが報道しているあたり、あからさまにメッセージ性を強調しようとしている気がします。

「日米両国は互いに相手から離れられない関係にありながら、それぞれが自らの算段を持っているのだ」というのには頷ける気がします。

若者が離れたもの (6) アマゾン(Amazon)離れ

米国で進む「アマゾン離れ」、過半数がウォルマート選ぶ
https://www.sbbit.jp/article/cont1/37281

アメリカではなんと「アマゾン離れ」が起こっているそうです。

ユーザーや出店者らがアマゾンを離れ、ウォルマートへ流れ込んでいます。
ニュースを読んでみると、出店者サイドの方がウォルマートへの出店を待ち望んでいたようです。

ウォルマートのマーケットプレイスにもマーケティングツールが色々と導入されているらしく、確かに「アマゾンと遜色ないのであればウォルマートのマーケットプレイスにも出してみたい」と考えるのが常套です。

ウォルマートのサイト(英語)
https://www.walmart.com/

若者が離れたもの (7) クルマ離れ

中国でも?「若者のクルマ離れ」が示す、14億人の国で「若者が4割減る」恐怖とは…
https://www.sbbit.jp/article/cont1/37281

中国でも若者のクルマ離れが進んでいるようです。中国の若者が車が欲しくない理由は、「激しい渋滞」と「駐車場の不足」が原因とのこと。

車の絶対数が頭打ちになり、中古車市場は伸びている傾向にあるようです。ただ、保有して車を置いておくスペースが無いのであれば別にいいか・・・と割り切れるのは、どの国の若者も共通の価値観なのかもしれません。5Gで自動運転技術が発達すれば、所有物としての車よりも乗り捨てできる公共物としての車の方が求められるかも・・・。

若者が離れたもの (8) アニメ離れ

【日中アニメ産業最前線】『けものフレンズ』プロデューサーが語る「中国の若者が日本アニメから離れ始めた」
https://bunshun.jp/articles/-/16418

高クオリティで知られる日本アニメも数がさすがに増えすぎてやり尽くされてきたのか、近年はどんどんドラえもんやワンピースのように割とシンプルでわかりやすいストーリーから、どんどんハイコンテクストな頭を少し使って観ないとストーリーが分からないものが増えてきています。

海外からすると「最近の日本のアニメは観ててもよくわからん」となってしまってきているようです。

若者が離れたもの (9) 途上国支援離れ

途上国支援も「若者離れ」 青年海外協力隊の応募者、25年で6分の1に
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201911/CK2019112102100023.html

これはショッキングなニュースでした。

インターネットによって海外の情報もリアルタイムで手に入るようになったので、以前のように「外の世界に出れば得られるものがきっとあるはず!」という一種の海外志向が無くなってきたのかも。

若者が離れたもの (10) ジーンズ離れ

若者のジーンズ離れの理由は? 売り上げが20年前の半分まで低迷する店も
https://dot.asahi.com/aera/2019110700029.html

これは非常に分かります・・・。

実際、もう買う時は基本ユニクロのジーンズでいいもん。この記事によれば、「1万円以下の中価格帯のジーンズが売れなくなってきている」ようです。

ユニクロのジーンズは3,000円出せば買えてしまう安いものなので、「どうせ買うのであれば良いものを」派か「履きつぶすし、ユニクロで十分だよ」派に二極化が進んでいるあまり、その間の価格帯をジーンズショップで買う人のボリュームゾーンが小さくなってきているのかも。

とは言えジーンズを履こうとしない若者はきっと居なくならないし、黒スキニーとかに一部流れている気はしなくもないのですが、どういうカウント方法なんだろ。。。ユニクロジーンズはジーンズじゃないのか?笑

ジーンズ業界に詳しいえい(木へんに「世」)出版社の常務、松島睦さん(47)は国内ジーンズ市場をこう分析する。

「業界はいま、高いものと安いものの両極化と言われていて、中途半端な価格帯のものが以前ほど売れなくなった。業界の地図を変えたのはユニクロさんでしょう」

この辺りについてはとても賛成です。プチプラも有力になってきたので、若い人が服にあまりお金をかけなくなってきたのかもですね。

「離れている」わけじゃない。「変化」しているだけ

今回「◯◯離れ」をテーマに色々記事をあさって調べてみましたが、メディアとして「◯◯離れ」というワードはキャッチーで記事化しやすいなと思いました。なので結局の所は、離れ離れ言いたいだけの部分も正直あると思います。

色々なユーザーの志向や価値観が、ここ10数年でも目まぐるしく変わってきているからという理由で、ある程度は説明が出来そうです。というわけで、今回はこのへんで!

他にも気になったニュースについて解説しています

シェアリングエコノミーの成長に伴う、日本国内における「シェアサービス」広がりについて

【29連勝】藤井聡太4段を育てた「モンテッソーリ教育」とは一体何なのか。ちょっと調べてみた

地方が自力で『稼ぐインフラ』を作れない限り、いつまでたっても地方創生は実現しなそう・・・。

2018年。良くも悪くも『お金』が最重要テーマだと思った4つの企業の不祥事。

【AbemaTV】雨上がり宮迫・ロンブー亮 闇営業謝罪会見まとめ

「◯◯離れ」にもはや飽きてきたので、若者が最近離れたものについてまとめてみた

Sansanの事例から見るSaaSの「40%ルール」とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました