miyakoshiyuumeiのブログ

地銀(岩手県)→広告ベンチャーへ転職→WEBマーケベンチャーに転職し、マーケティング専門家目指して勉強中です。日頃気づいたことや勉強になったこと、他気になったことをずらずらずらーっとメモしていきます。

またイベントの記事書きます。

      2018/10/03

イベント
こんばんは。先程3日間(イベント自体は2日間)の仕込み・運営・バラシ、参加者アンケートの取りまとめとFacebook更新と死にそうになる3日間を終え、会社のデスクで突っ伏しながらブログを書いています。(帰れやw)

スポンサーリンク

前のは1.5徹だったけどほぼ3徹。あ、その前の打ち合わせと資料作りも入れたら5徹くらいwww

今「寝ろ」って言われたら普通に道で寝れる気がする。
別にイベンターになりたいわけでもなんでもないですが、イベントをやるってつくづく大変で最高に楽しいのだなあと感じたのでまとめておきたいと思います。

参加者の熱量×コンテンツの魅力=イベント満足

今回はアイデアコンテスト系のイベントでした。(SNSで告知しちゃった奴です。シェアいいねして頂いた方ありがとうございました!)
簡単に言うと、「色んな分野の若手が集まって、アイデア作りながら交流して、色んな事につなげていこうよ」というフワッとした説明になってしまうのですが、

すんごく楽しかった。(笑)

というのも、今回のは参加者の熱量が半端なく高く、「本気で日本変えてやんよ」と言わんばかりに熱くて若い方ばかりでした。
参加者の熱量が高いと、参加者同士の交流も活発に行われるので、それ自体が十分魅力的なコンテンツになるんだなと感じました。
また、目的テーマがはっきりとしていたので、同じ視座を持ったレベルの人達(今回はムチャクチャ高くて太刀打ちできんかったorz)なので、波長というか話も合うんだろうなと。

学生時代みたいにまたビジコンとかアイデアソン出たくなりました。

コンテンツの魅力について、今回は講演をやってもらったり参加者が合宿的にプランを練って発表したりしたのですが、こういう非日常モードになれる環境があると、人って通常よりも自分をさらけ出すし、場も受容してくれるから凄い勢いで仲良くなるんです。(学生交流会とかほんとそんな感じで、テンションが2段階くらい違う)

これを会社に置き換えてみてくださいよ。例えば自分の評価をくだす上司に見られて、みんな萎縮しながら仕事をしていたら、仲良くなんかなれませんね(笑)(決して今の会社がそういう訳ではないww)

参加者が喜んでくれると、運営してる側もキツイけどキツくないし、すごく楽しいです。こう言うと失礼かもしれないけど、日常では味わえない「学園祭モード」に入れるというか。。。

「知の探索」について本気出して考えてみる

これを書くと身元がバレそうで怖いのですが、今回のイベントの講演の中で経済学者の方のお話をいただき、初めて「知の探索」という概念を知りました。

知の探索とは、「知識(アイデア)をいかに自分よりかけ離れた異国のような所までいって、自分と違うものと出会い吸収する」こと、(意味合ってるか不安)
知の深化とは、「知識(アイデア)をどれだけ深く考え抜いて形にできる状態にしていくか」というものです。(これも自分なりの解釈)

知の探索が縦軸、知の深化が横軸とすると、日本の企業は「知の深化ばかりやって探索の方をやっていない」というのが問題点ということでした。

例えば、価値が1しかないものを考えに考えて知識を深化し、10の価値まで上げることに成功したとします。
「1しかないものをを10にしたのか!すっげえな」という評価も出来ると思います。
ただし、人は知っているものや概念しか使うことは出来ません。
つまり、1しかないものしか知らなければ1しか扱えないのと一緒です。

でも、最初から1しか価値がないものを努力して成長させるより、遠い異国の地に50や100の価値のものがあったとしたら?

この、自分が知らない枠を無理やりに広げる作業こそが「知の探索」なのだそうです。
上手く例えられませんが、「ファイアをファイラにまず成長してからファイガにするより、フレア覚えた方がむっちゃ強いじゃん」とか「スカラやスクルト覚えて守備力上げるより、いっそアストロン(石化)しちゃったほうが早くね」ってことですね。

イベント運営に携わると、100人や200人の数時間や数日をこちらに預けてもらって、色んな事をやってもらうので、「あご(食事)・あし(交通手段)・まくら(寝る場所)」を用意する事が必須になってきます。

だから、やっぱりイベンター=トップ雑用(失礼)だなあとつくづく思いました。
考えるべき所が沢山有りますが、いかに現場と相手の事を細かくめんどくさく考えて解決策を準備しておくかということと、さらにその上で新しい要素やクリエイティブな要素を作るって、本当に難しいですがトライする価値はあると思いました。

最後に 〜世の中の「SNSやってみたらいいじゃん」おじさんに告ぐ〜

あと、「SNSとかやってみたら良いじゃん!Facebookとか運用したりして」って軽く言うやつ、お前がやってみろ!文考えたりいちいち張り付いてコメント返すのすっごい大変なんだからな!
おおおおお前だよお前!m9(^-^)

スポンサーリンク

RSS

 - WEB, アイデア, イベント, ノウハウ, ビジネス , , , ,