【Webサイト作るなら必須】Google Analyticsの使い方・導入方法・IPアドレスの除外設定

Google Analytics Uncategorized
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本記事の目的について

マーケティング系のお仕事をする中で、「Webサイトを立ち上げる時にいくらなんでも、色々入れないといけないツール多すぎじゃね?」と思ったので、以下のGoogle鉄板3ツールについて、そもそも何のために入れるのか?どういう時に使えばいいのか?という部分を解説したいと思います。
・Google Analytics(グーグルアナリティクス)=以下、「GA」
・Google Search Console(グーグルサーチコンソール)=以下、「サチコ」
・Google Tag Manager(グーグルタグマネージャー)=以下、「GTM」
※かなり専門用語が多いかも知れませんが、よければ検索しつつ見て頂ければ幸いです。

Google関連ツールの導入はほとんどのサイトに必須です

Google関連ツールの導入はほとんどのサイトに必須
Webサイトを作り、集客/運営していくことを中長期的に考えると、Google Analytics/Google Search Console/Google Tag Managerの3つのうちいずれかは必ず必要になってくることが多いです。

そのため3つのツールの特性を理解しつつ、ツールの導入目的、何ができるのか、導入方法についてまとめました。

ツール導入するタイミングは?
・WebサイトのDNS切り替え設定が終了している
・サイト公開後に行うのが望ましい(独自ドメインへの切り替え前だと設定することができない)
という前提を踏まえて、以下のツール連携を行います。第1弾として、Google Analytics(グーグルアナリティクス)の導入方法について解説します。

Google Search Consoleの導入方法はこちら

Google Tag Managerの導入方法はこちら

Google Analytics(グーグルアナリティクス)導入方法

こんな方におすすめです

・Webサイトのアクセス解析を行いたい
・サイトでコンバージョン数、CVRをアップするために改善を行いたい
・訪問数を増やすための打ち手を考えたい

Google Analyticsを導入する目的

Webサイトを運営する方なら、理由など考えずにほとんどの方が絶対入れたほうが良いです。あえて理由はWebサイトを改善するために必要な情報を分析出来る状態を作るためです。

何ができるのか

前提として通常、GAのデータ計測アルゴリズムは非公開となっており、他のアクセス解析ツールはそこに近づけるよう企業努力を行ってはいるものの、完全に同じにはできないため、レポート数値には誤差が発生してしまう可能性があります。

Google Analyticsを導入することで、Webサイトに何人訪問しているか、どのページが一番見られているのか、どのページが一番離脱率が高いのか?検索エンジン、メルマガ、ニュースサイトなどどのルートから一番来てるのか?などといったことが分析ができるようになります。

Google Analyticsをサイトに導入する方法

GAのアカウントを持っていない場合:「1.GAのアクティベート」からスタートしましょう
GAのアカウントを持っている場合:「6.トラッキングIDを確認」からスタート

※こちらのサイトも参考になります。
【図解】初めてのGoogleアナリティクス導入&設定と使い方

お探しのページは見つかりませんでした。 | ヤマト運輸
クロネコヤマトでおなじみ、ヤマト運輸のお探しのページは見つかりませんでした。本サイトでは荷物のお問い合わせ、集荷・再配達受付、個人のお客さま向けのサービスの他、事業概要や企業情報、CSR、採用情報について掲載しています。

1. GAのアクティベート:のGoogleのアカウントでログイン

下記リンク「Google マーケティング プラットフォームにログインする」からログインします。

Google Analytics TOP

画面に沿ってGAの登録を行います。登録は下記のURLから可能です。

Google Marketing Platform - Unified Advertising and Analytics
Introducing Google Marketing Platform, a unified marketing and analytics platform for smarter marketing measurement and better results.

2. アナリティクスの「設定」をクリック

Google プラットフォーム ホーム画面

すでに別サイトでGAのアカウントを登録している場合には、以下の画面になり、「アナリティクス」をクリックするとログインできます。

3. 「登録」をクリック

Google Analytics 登録1

4. 下記画像の赤枠の部分を入力

「ウェブサイトの URL」については、「http://」「https://」それぞれ違いますので、適切に選択してください。

※WebサイトのSEOのスコアにも関係してくるため可能な限り、SSL証明書を使って「https://」での登録をおすすめします。

5. 利用規約に同意する

Google Analytics 登録(規約)

6. トラッキングIDを確認する

WordPressなどとGoogle Analyticsを連携する際などに、「トラッキングID」を聞かれます。「トラッキングID」と言われたら下記の画像の「UA-XXXXXXX-X」のような形式のアルファベット数字の並びのことを指しています。

Google Analytics 登録 トラッキングコード

7.導入完了です

これで完了です。ホーム画面をブックマークして、Webサイトの分析を早速行いましょう!

レポート内で自分の固定IPアドレスを除外するための設定方法

自分の家の固定IPアドレスを登録しておくことで、レポートに自分がアクセスしてしまった分がカウントされなくて済むため、より公平な分析が可能となります。ぜひ設定をしていただくことをオススメします。不安になるとついつい見てしまうのですが、ぬか喜びにならないようにやりましょうw

設定手順

1.「管理」をクリックし、「フィルタ」をクリック

フィルター設定1

2. 「+フィルタを追加」を行う

フィルター設定2

3. 赤い枠で囲った部分を設定する

フィルター設定3

自分のIPアドレスが分からない!という方は、WiFiに接続した状態で以下のリンクにアクセスするとIPアドレスが分かります。

cman.jp
https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi

プルダウンの中身は「除外」「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」を選択し、IPアドレスを記載してください。

※DHCP(IPアドレスの自動割当ての仕組み、IPアドレスが自動的に毎回変わる可能性がある)の場合、「IPが毎回変わってしまうのでIPが分からないんです・・・」という方の場合は無理して設定しなくても良いと思います。

(参考)DHCPとは?
https://wa3.i-3-i.info/word1959.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました