理想の休日の過ごし方ってどういうものなのだろう。中途半端に休む休日が一番もったいない!

カフェ Uncategorized
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

「理想の休日の過ごし方」とは何なのか・・・?何年も理想の休日の過ごし方について考えてます。

きっとこの記事を見てくださっている方はもしかすると、普段真面目に仕事をしていて、休みも有効に使うために何かしなきゃいけないんじゃないかと気を揉んでいらっしゃる方なのではないでしょうか。

何か休日にイベントがある日はもちろん充実していると思うのですが、

そもそも「理想の休日」って何なんだろう?

という疑念に対して長年考え続けて色々トライしてきた結果わかったことをご紹介します。

スポンサーリンク

理想の休日とは何なのか考えてみた

①定義:そもそも「休日」って何をするもの?

休日(きゅうじつ)とは
業務・授業などを休む日のこと。休暇(きゅうか)とも言う。休業日とも言う。
業務・授業などを休む人が多い日のことで、自らが休むか否かに関係なく用いられる。日曜日や祝祭日などを指す場合が多い。対義語は平日。
日本において、「国民の祝日に関する法律」(通称「祝日法」)で定められた休日のこと。国民の祝日・振替休日・国民の休日の3種類がある。

※Wikipediaより

うーん、とりあえず「やらなければならない事(学校や仕事等)をしなくてもいい日」

とでも考えておけば良いんですかね。

つまり、「自分の好きな事に時間を振る事が出来る日」。

どうせなら、休日には自分の為になる事をするべきです。

②目的:その「休日」を使ってやった方がいい事

(1)ゆっくり読書をする

僕は平日は基本的に家と会社を往復するのみで、帰ってからは明日の準備と一分でも多く寝たいので、まとまった時間を取る事が出来ません。そういう方も結構多いんじゃないかと思います。

電車の移動時間などのすき間時間で読むのもアリですが、紙の本を外で読むと言うのは難易度が高いです。

そんな時にはカフェでも行って読書をして知識をつけるのがおすすめです。

本を読むこと自体、何かに没頭できるのでめちゃくちゃ良いマインドフルネスになると個人的に思っています。

また、平日の仕事に活かせそうな知識を本から習得できれば、翌週の業務の効率化もできて少しでも早く退社できるかもしれません。

必ずしも紙の本でなくとも、Kindle Paperwhiteのような電子書籍を活用するのも場所を選ばないのでとてもおすすめです。
Kindleがいかにオススメかはこちらの記事もご覧ください。

(2)仕事から離れた「サブ」のプロジェクトを始めてみる

平日は仕事で夜遅くまで拘束されてしまう・・・と言う方は多いかもしれません。

だからこそ、休みの日にまとまった時間を確保して何か新しいプロジェクトを始めてみるのもおすすめです。

LINEスタンプ作っても良いし、ブログ書いても良いと思います。重要なのは「見返りを求めなくていいから、少しでも面白そうだと思ったらやってみる」ことです。

とりあえず僕はYoutuberになることにしました。

みやこしチャンネル

真面目な方だと最初の段階である程度どれくらいのリターンがあるか考えてしまいがちですが、新しい何かを始めようとする時ってその分野の対しての知識があるわけじゃないので、正しくどんな見返りがあるか見積もることができないのです。

であればとりあえず始めてみて、自分には合わなそうだなと思ったら止めてしまえば良いのでまずはライトに始めてみると良いと思います。

最近は副業を土日にやる人も増えてきました。

(3)今を楽しんで色んな経験を詰む

休日にしっかり寝て体力回復に努めるのも大事ですが、今しか出来ない経験を積んどいた方がいいと思います。

昔会社の人に言われたのが、「休みの日に色んなものやサービスを買って、体験しておく事で自分の引き出しが増えるよ」と言われて、なるほど!と思いました。

マーケティングの仕事に携わる人は、その前にプロの消費者でなければならないのです。自分が消費者でないと、ユーザーの気持ちも想像できません。

とにかく友達と遊んだり旅行行ったり、バンド組んだり、デートしたりも良いでしょう!

色々な経験を積むというテーマで他の記事もよければご覧ください。

(4)寝て体を休める

悲しい事にだんだん若さが失われてきて、最近オールしたり夜更かしが出来なくなってきました!w

てっぺん超えて遊んでると、膝が痛くなるんですよ。

なので、やはり寝る一択も必要!

そもそも休みなんだから何もしなくていいじゃん!と言う自分も居ます!週に5日働いてるのに、週休2日で身体を回復させるとかそもそも無理ゲーなのだから、自分の体調と相談しつつ何もやる気が起きないときは家でぐったりしたり、温泉でも行ってリフレッシュして寝るべきです。

③理想の休日を送る前に立ちはだかっている壁

  • すぐ疲れる
  • ついつい遊び過ぎてしまって時間が浪費される
  • メリハリがない
  • 「自分で考えるアウトプット」の機会を作っていない
  • 終わり方がいつも同じで冗長に感じる事がある

など、良い休日をすごそうにも足を引っ張ってくる要素は諸々あります。

中途半端にだらだら過ごす休日が一番本当にもったいないと思います。逆に、休むと決めたら徹底的に何もせず休む。

休みの日こそ、攻めに行きましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。こちらの記事でも休み方についての考えを紹介してます。

こちらもどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました