【男臭さと中二な歌詞が魅力】漢なロックバンド・LAST ALLIANCEのことを語ろう

LAST ALLIANCEのことを語ろう Uncategorized
LAST ALLIANCEのことを語ろう
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

LAST ALLIANCE(ラストアライアンス)とは

“S★CREATERS”と”BERMUDA”の2バンドが2002年に解散後、それぞれのメンバーが合流して結成(残りのメンバーは”discord”を結成して活動中)。2007年メジャーデビュー。略称はラスアラ(楽曲「GREENS SUNLIGHT」でも安斉自身が呼称して歌唱している)。バンドのキャッチコピーは「本物のロックスピリット。異質なまでのPOPさ。」。

Wikipediaより引用
https://ja.wikipedia.org/wiki/LAST_ALLIANCE

LAST ALLIANCE(ラストアライアンス)※通称「ラスアラ」は大学の時に初めて知ってそこからめちゃくちゃハマりまくった好きなバンドです。

世代的にはもう少し上のメロコアパンクあたりが好きな方はご存知だと思うのですが、当時僕の同世代ではほとんど知っている人が周りにおらず・・・カッコいいバンドを誰とも語り合えず独りで聞いているのは寂しかったです。

LAST ALLIANCE(ラストアライアンス)の魅力は「漢らしさと中二な歌詞、異常なまでのキャッチーなメロディ」

基本的にラスアラの曲調はメロコアバンド2つが合体して出来ただけあって2ビートのメロコアパンクが多いです。

ただ、アルバム制作を重ねるうちに徐々に楽曲の速さだけでなく独特なキャッチーな曲が沢山生まれて、それが「良い意味で日本的なバンドだなあ」と思わせてくれます。耳に残って、かっこよくて、それでいて男臭い最高なバンドなのです。

今回も色々趣味全開で、楽曲の紹介をしていきたいと思います!

疾走

アニメ「桜蘭高校ホスト部」のエンディングテーマです。

これでラスアラを知りました。名前の通り疾走感抜群な中にも爽やかさが同居している曲です。入門するなら疾走から聴き始めていただくのがよいと思います。

個人的に聴きどころは間奏のギターのアルペジオ部分です・・・!激しい展開とは打って変わって、ギャップにメロメロにされます。

片膝の汚れ

これも確かアニメのタイアップ曲でしたね。調べたら「RD 潜脳調査室」のエンディングテーマでした。

これは疾走とは変わってとにかく熱い。MVもコンクリートの壁にひたすらボクシングして最後ぶち壊しちゃうような熱さ。

この曲特有の掛け声(?)があるのですがニコニコ動画とかでライブ動画になるとラストサビ前の「立ち上がり奪う世界を!!!!!!!!!!!」というコメントで弾幕が出来ます。こういう中二病臭い所が本当に最高です。

群青海月(ぐんじょうくらげ)

ボサノヴァ的なおしゃれな前奏から一転して激しくなる、これまた独特な展開ですが聴き終わると切なくなる曲です。

こういう曲作れるの、ラスアラしかいないだろうな・・・

LAST ALLIANCE

1stAlbum「TEARS LIBRARY」の最初の曲です。バンド名を冠しているまさにテーマ曲です。ライブもめっちゃ盛り上がります。最初とアンコールの最後に2回おかわりしちゃうくらいの人気曲です。

こちらはメロコア感たっぷりなコピーしたら楽しそうでしかない曲なのですが、シングル盤ではボーカルの安西さんの「イエーーーイ!!!!」というシャウトが入っていますが、アルバム盤は入っていません。(細)

WEDGE

1stのメロコアパンク全開〜その後の2nd〜4thアルバムあたりは独自のキャッチー路線が光っていましたが5thアルバムとして出た「KAWASAKI RELAX」というミニアルバムではそこらへんの音楽性が一周して、「もういい!今回は2ビートの曲しかやらねえ!」という内容になっております。笑

「WEDGE」はその1曲目なのですが、前奏聴いてみて下さい。

・・・。

わかった?

拍子がちゃんと取れる人がいたら焼き肉おごりますってくらい意味がわからん始まり方です。ドリームシアターもびっくりなオルタナさ。

学生時代先輩のドラマーに「これ叩いて下さい!」ってお願いして後で「わけわかんなさすぎるわ!」って怒られたのも今ではよい思い出です。今回は思い出枠としてランクイン。

HEKIREKI

こちらは「はじめの一歩 NewChallenger」のオープニングテーマになった曲です。

もうほとんどボクシングバンドじゃねえか!!

いや、本当にそう思います。ラスアラの漢らしさを表現するとやっぱり格闘技系になっちゃうんですよね。とにかく前奏もめちゃカッコよく凝っていて、カラオケで歌おうとすると中々始まらないところもさすがのラスアラクオリティ。

ちなみに全然別の曲ですが「WING」という曲はMV自体がボクシング選手のインタビューになっています。完全にボクシングバンド。

「WING」はこちら

タナトス

タナトスはギリシア神話に登場する、死神の名前です。

簡単に紹介すると死神に追いかけられてるけど負けないぞ〜っていう曲です。曲中に死神はエグいと思いますがキャッチーでノリが良く作られているので聴きやすいと思います。

こういう「どんな逆境に対峙しても打ち勝て!」というメッセージ性のある曲も多いので、聴いてて元気がもらえるところも魅力だなと思います。

a burning bullet

好きすぎて曲紹介をいつまでもやってしまいそうなのでそろそろ終わります。。。最後は「a burning bullet」です。7thアルバムが出た時の曲ですね。今更なのですがラスアラはツインボーカルで、曲ごとにはっきり分かれていますが、安西さんも松村さんも本当にいい声なので、もはや優劣がつけられません。

機材盗難トラブル

実はラスアラは5thアルバムのレコーディング最終日に楽器一式をすべて盗難されてしまったのです。バンドにとって機材は命です。確かに、それまでのアルバムと聴き比べると音が全然違っているのが分かりますが、それでもこんだけカッコいい曲を作り続けられるのは尊敬せざるを得ません。

機材盗難の記事はこちら(BARKS)

最近の活動は?ラスアラは活動休止してる?

ファンとして常にチェックしていますが、現状活動休止はしていません。

Vo.Gt.の安斎さんもソロで弾き語りライブなどを定期的に行っているため、バンドとしては充電期間に入っているのだと思います。。

あと最近はラスアラがApple MusicやSpotifyなどのサブスクにも登場しました!!!一部の楽曲やベストアルバムだけですが、今後も拡充していってくれることを切に願っています。(2ndと3rdアルバムのサブスクが早く出て欲しい)

ということで大学からラスアラ知ってる!&好きだ!という人に3人しか出会ったことがない、もっともっと皆に知ってほしいLAST ALLIANCE(ラストアライアンス)について紹介してきました。

早く新譜が出ることを切に願って、筆を置きたいと思います。この愛よ本家へ届け!

他にも好きなバンドやおすすめ曲をまとめていますのでご覧ください。

個人的に最近「嘘とカメレオン」がキテる。久々にヤバいバンドを見つけてしまった。

路上ライブでゴリゴリに鍛え上げられた名古屋の骨太バンド、【Suspended 4th】

Nothing’s Carved In Stoneの全アルバム好き勝手解説してみた

青春を共にしたNICO Touches the Walls(ニコタッチズザウォールズ)が終わってしまった・・・のでおすすめ曲紹介します

GRAPEVINE(グレイプバイン)〜こんなおっさんになりたいランキング1位のバンド〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました