目的なくマイクロマネジメントしようとするのはまじで本当に意味がない

マイクロマネジメント Uncategorized
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マイクロマネジメントとマクロマネジメントの違い

いやですね、マイクロマネジメント。。。

マイクロマネジメントとは、部下の進捗を短いスパンで、細かく逐一確認をするマネジメント手法です。

大してマクロマネジメントとは、大きな目的・ゴールを部下に共有した上でやり方自体は部下に任せる、自主性を重んじるマネジメント手法です。

もちろん人によってマイクロマネジメントの方が合ってる人、マクロマネジメントの方が合っている人も様々だと思いますが、人間の多くはマイクロマネジメントを受けてしまうと「やる気」「自主性」が削がれ、マニュアル人間をどんどん製造してしまいます。

なぜマイクロマネジメントは意味がないのか

部下のやる気と自主性を削ぎ落とす

とは言えマイクロマネジメント自体は全く意味がないわけでないと思います。逼迫した状況で失敗が許されない場合など、全体を分かっているリーダーがすべてを掌握しつつ進めていく場合などには適切かもしれません。

ただ、デメリットとして細かく管理される=自分自身で考えることが「不要」とされているような扱いを受けている気になるため、段々とリーダーへの依存体質が強まっていきます。結果的に、自分自身でやり方を考えたりアイデアを出そうとしなくなり、言われたまま動くマニュアル人間になってしまいます。

大して進捗が生まれないスパンで報告するという無駄なタスクになる

マイクロマネジメント下での仕事は常に上司から短期スパンでの報告を求められるため、会議のために報告内容をまとめるというタスクが定期的に生まれていきます。本来の成果を生むための仕事と引き換えに、上司を安心させるための時間に変わってしまうのです。

これって意味ありますか?それなら会議を減らして本来の仕事した方が生産性高いですよね。

なんとなく雰囲気が「ギスギス」する

マイクロマネジメントを行なってしまうリーダーの傾向として、「不安感が強い」ことが挙げられます。自分自身が優秀やプレーヤーがマネージャーを兼務したときに起こりがちで、「他人のことは信じられない。自分がなんとかしないと」と思う人ほど、信用していない→逐一報告を求める傾向が強い。(気がする)

マイクロマネジメントにより、うまく行かないケース

リーダー以外何も言えない→会議がお葬式状態

例えば… 売上の進捗管理を行う営業会議を週次の朝に行なっている時です。

部長から「このままでは今期売上が未達になってしまうので、これからは毎日案件進捗を報告するように。あと、基本的に全部のアポに同行する」と言われたとします。部下からしたら「うえ〜、部長が全部同行してきたら、やりづらいわ」となります。誰も何も言えず、売上を上げるためのアイデアも封じ込められ、お葬式状態になってしまいました。

メンバーのモチベーションが「怒られないように動く」になり思考停止する

上記に続いて、全てのアポに同行され、気に入らない点があるといくら自分なりに考え抜いた提案アイデアを否定される…というループにはまってくると、徐々にメンバーのモチベーションが「仕事で結果を出す」から「いかに部長に怒られないようにうまく動くか」に切り替わってしまいます。

仮にクリエイティビティが求められる仕事の場合、自主性もアイデアも否定される(自分がリーダーから信用されてないと感じてしまう)マイクロマネジメントとの相性は最悪です。。

こうしたら上手くいく、マネジメントのポイント

散々マイクロマネジメントをディスってきましたが、人に動いてもらうために以下の点に気をつけるのが良いと思います。

①「なぜその仕事を頼みたいのか」の目的とゴール地点のビジョンを共有する

オリエンテーションが雑だと、間違いなく上がってくる成果物も解像度が低いものになります。いちばん大事なのは最初に仕事を依頼するときです。必ず目的とゴール地点を共有し、同じ言語で話せるレベルまで意識すり合わせを行いましょう。

②絶対にゴールがモヤっとした状態で仕事を受けてはいけない

これは依頼されるメンバー側の話なのですが、話を聞いていて「ここがよく分からなくてイメージがわかないな」と思う部分があったら、すぐにその場で「これって▲▲▲▲という認識で合っていますか?」と必ず確認します。そんな聞き返し程度で怒ってくる人はそうそういないと思いますし(いたらやばいw)、無理やり分かったフリをして求められているゴール地点が不明確なまま行なった仕事を報告したときにずれていたら、余計に取り返すのが難しくなります。モヤっとした状態で仕事を受けてはいけません。

③納期前にレビュータイムを設け、その時点までは任せる

1週間後の納期依頼だった場合、例えば3日目の時点で軽くレビュータイム(15分〜30分程度でOK)を設けましょう。資料の作成だったらスライドを作り始める前のアウトラインベースで骨子を作り確認してもらう。

取り掛かって少し進んだ段階でゴールイメージが見えてくるはずなので、その時点で齟齬がないかを確かめておくと、ズレも少なくなりますしフィードバックをもらうことでよりクオリティの高い状態で本番の納期に提出することが出来ます。

まとめ

マクロマネジメントすぎるのも部下に頼り切りになってしまうのでアレですが、基本的に「なぜ、なんのために必要なのか?」をしっかり共有すれば、たいてい任せても問題ないケースが多いです。マイクロマネジメントでやる気と時間を奪うより、分からなかった場合に聞きやすい環境作りとサポートできる状況を作っておいた方が個々人の成長もでき組織としてレベルアップ出来ます。

こちらも参考になります!

最後までお読み頂きありがとうございました!

他にも色々記事を書いてますのでよろしければご覧ください!

仕事をがんばるのももちろん大事だけど、一段階レイヤーを上げて考える時間を取るほうが大事だとおもう

「会社は成長しないといけない」理由ってなんなのだろう?

【キャリアの話】人は「成長」しなければいけないのか?という疑問について考えてみた

【セルフイメージ】人は結構自分を演じることがあるなーと言う話

【ITリテラシーの壁】SaaS事業に関わっている人が友人に「何の仕事してるの?」と聞かれてなかなか答えられない問題

【問題・課題・イシュー・プロブレム】似た言葉だけど、それぞれどういう違いなの?

いくら人からアドバイスをもらっても、自分が一度経験してみないことには分からないという話

コメント

タイトルとURLをコピーしました