「NewsPicks(ニューズピックス)アカデミア」登録で感じた実際の魅力やメリット※後で解約したので理由追記

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

いつも愛読しているNewsPicksで、本のレーベルである「NewsPicksアカデミア」が始まりました。

スポンサーリンク

NewsPicksアカデミアとは?

「挑戦者」が集う場所 NewsPicksアカデミア

「リーダーの教養」をコンセプトに、書籍、イベント、講義、アート、体験などを通じて、「ビジネス×教養」という切り口から、新時代の学びと出会いを提供します。目指すのは、「教養×実学×行動」による新たな価値の創出です。新しい時代を創るリーダーにとって、知的な刺激にあふれる場を、リアルとネットを横断しながら創り上げていきます。
(NewsPicks公式サイトより引用)

NewsPicksについては言うまでも無いですが、
アカデミア会員はプレミアム会員の有料記事閲覧機能に加え、
「月に1回無料でアカデミア講義を受講可能」
「アカデミア書籍のプレゼント(毎月1冊)」
がプラスされ、月額5,000円というお得な内容になっています!

もともと自分もプレミアム会員でしたが、
記事の検索や有料会員向け記事のクオリティが高いので、
月に1,2冊本を買うと思えば安いと思っていました。

それにプラスしてNewsPicks編集部の監修するイベントに参加できる
(ちなみに有料会員でなくてもある程度金額を支払えば参加可能です)ので、
そこに集まるユーザーとの交流もできるし、1冊おすすめの本がもらえるので
コスパはかなり高いです。

ここまでヨイショしてきましたが、
私はNewsPicksの回し者ではありません(笑)

良書もたくさんあります。

メモの魔力 ⇒ (NewsPicks風に言うと)メモの概念をアップデートした「メモの魔力」−前田裕二(SHOWROOM代表)

 

破天荒フェニックス ⇒ 「破天荒フェニックス オンデーズ再生物語」レビュー〜破天荒に見えて実は堅実だった!?〜

お金2.0 ⇒ 
佐藤航陽「お金2.0」を読んだら本当に経済とか社会の概念が覆ったのでレビューしてみた。①
佐藤航陽「お金2.0」を読んだら本当に経済とか社会の概念が覆ったのでレビューしてみた。②

 

個人的に思うNewsPicksの魅力

まとまった知識を得る目的では書籍を読むのが体系化された知識を得られて良いですが
トレンドをいち早くつかむとか、対談形式だとそこでは語られないエピソードやニュアンスがあると
思っていて、豪華ゲストの対談企画がいつもやってるのがNewsPicksの大きい魅力だと思います。

自分は気になった記事はとりあえず全部Pickして、
「俺ってこんなに読んだんだw」を見返してモチベーションを保っていますww
まずはモチベの管理をしながら使い続けて習慣にすることが大事だなと。
あとは「フォロワーを増やす」のもモチベーションになります。

NewsPicksってなんか経営者の人とかフリーランスの人とか、研究所の偉い方とか雑誌の編集長とか色々肩書きのある方がやられているので、「なんかよくわからんけど凄いっぽい人から自分のコメントをいいねしてもらった!!」となるとまた俄然やる気が湧いて来ます。

今「堀江貴文×キングコング西野」の対談を読んでいますが、かなり面白いです…!!
登録して損はないと思うので、お読みの方もぜひプレミアム会員からはじめてみては??

追記:NewsPicksアカデミア解約しました(笑)

2018年、Newspicks大好きなのですが、利用していて色々と思うところがありアカデミア会員を解約しました。

理由としては以下の3点です。

解約理由①選書してくれる本は良いが、イベントチケットが消化できない

「毎月本が届く。しかも、自分ではない目線で選ばれた本で」という所に価値を感じていたし、実際に面白かったので文句はありませんでした。ただ、セットになっているイベントチケットは仕事しながらだとイベントになかなか行くことも叶わず(アカデミアのイベントは大抵平日の夜、しかも定時より前なのでなかなか抜けづらい・・・)チケットが溜まっていく一方でした。

また、途中よりチケットが1枚ではなく2枚必要なイベントなどがあり、2ヶ月チケットが溜まるまで待たないと参加ができない場面があり、「なぜ、5,000円も払っているのに参加できないんだろう?(本当に行きたい人は予定調節してでも行くとは思いますが、シンプルに仕事が忙しかった)」と思うようになってしまいました。

解約理由②当時のスタッフ対応の印象が悪かった

アカデミアの登録を行う前に、実は有料記事会員も同一アカウントで登録していました。(月間1,500円)そこからアカデミア会員にアップグレードをしたので、「既存の会員情報が切り替わったはず」と思っていたのですが、数ヶ月後、カードの明細を見たときにNewsPicksから2アカウント分(1,500円+5,000円)が引かれているのに気づきました。

問い合わせをしたところ、「既存の有料記事会員は《AppleStoreの決済画面》、アカデミア会員は《NewsPicksの決済画面》で登録されているため、2つ走っており、そちらは返金対応できない」と言われ、泣く泣く自分でApple側の設定を解除しましたが、「ダブルで課金されてるよ!」的な連絡が一回も無かったです。

自分が送った問い合わせの返信メールに対する態度があまり好印象なものではなかったので、ちょっと萎えました。(あくまで当時はそう感じたというだけの話ですし、なんなら今でもNewspicks自体はちょくちょくお世話になっています)

解約理由③SNS上で見るNewsPicks編集部の印象があまり良くなかった

これは時期的にかぶっていないので後付けに近いですが、これまでNewsPicks Booksを運営で協力し続けてくれていた幻冬舎の見城徹社長に特に話も通さないまま、幻冬舎との契約を打ち切り、自分たち編集部だけでオリジナルブランドを継続していくという事実が見城社長に知れ渡り、Twitterが炎上するという事件が起きました。

たまたまTwitterで見たらすごいことになっていたので、「またやらかしたのか・・・。」と残念な気持ちになりました。

こうしたサービス・ブランドはどうしても期待と実際の姿が乖離してしまうと萎えちゃうのですが、NewsPicks編集部はサービスの先の人にも目を向けてもらうべきかと思います。

本とかコンテンツはすごく好きなのにな・・・。

追記:2020年6月にNewsPicks Bookが終了してしまいました。

書籍レーベル「NewsPicks Book」終了のお知らせ

書籍レーベル「NewsPicks Book」終了のお知らせ | ユーザベース
ユーザベースグループの株式会社ニューズピックスは、5月発売の『東京改造計画』をもって、幻冬舎との協業で発行する書籍レーベル「NewsPicks Book」を終了いたします。

余談ですが、今回のアカデミアのようなサブスクでいくつか使っていていいものも別記事で紹介していますのでどうぞ。

『Microsoft Office365』を新たに導入した結果→作業スピードが段違いにアップした!!!

スポンサーリンク
miyakoshiyuumeiをフォローする
スポンサーリンク
みやこしブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました