miyakoshiyuumeiのブログ

地銀(岩手県)→広告ベンチャーへ転職→WEBマーケベンチャーに転職し、マーケティング専門家目指して勉強中です。日頃気づいたことや勉強になったこと、他気になったことをずらずらずらーっとメモしていきます。

【バンコク〜深セン〜香港】せっかくなので有給休暇で海外旅行行ってきました②(日本〜バンコク編②)

      2018/12/15

ーバンコク・深圳・香港海外旅行✈️パート②ー

■1カ国目:タイ(バンコク)2日目

タイ2日目は、朝から現地のツアーに参加してきました。朝7時にホテルのロータリーで待っていたのは、なんとハイエースとおっさん二人でした。しかも参加者は自分たち2人だけ。何とも男臭いメンバーで半日のタイの自然と歴史を楽しむカンチャナブリーツアーがスタートしました。

スポンサーリンク

カンチャナブリーは映画「戦場にかける橋」の舞台にもなった、歴史も自然もある観光名所なのですが、橋の事なぞ露知らずに、ただただ象に乗りたい気持ちだけでした。

お寺 タイ最初は昔タイのお坊さんが修行していたというお寺と洞窟が一続きになっている施設を見学。修行時は飲まず食わずで瞑想を行っていたそうな。

甘すぎるジュース向こうのセブンイレブンに売っていた「甘すぎるジュース」。例えるなら、「ポンジュースの原液だけ500ml」。糖尿病になるんじゃないかと思いました。多分きっとタンカーで運びたて、取り出したてなんでしょうね。濃縮還元率がはんぱない。

象に乗ります象とのふれあいパーク(?)。ここでついに象に乗ります

象モノホンの象です。象の背中と首に実際に乗っけてもらいました。ゆっくり大股で進むので、体のバランスを維持するのに相当背筋を使いました。降りた後はちょっと背中が張ってましたが、まさか本当に象に乗れる日が来るなんて、、、いい経験でした。

ボート象に乗った後は泥水溢れる川の流れに逆らってボートに乗りました。ジャングルの中から見えるお寺はものすごく神々しさを感じました。。。

戦場にかける橋映画の舞台になった橋(かは分からない。)
川で分断されているエリアなのですが、見事にこの橋のおかげで向こう側まで渡ることが出来ました。ちなみに、この線路、今でも使われているとのこと。

カンチャナブリ 鉄道先ほどの延長上にある鉄道に乗りました!少し古くなっていたけど、観光客はバリバリ乗ってました!!

タイの電車タイの電車は地下鉄と高架上にある2種類がありました。かなり整備されており台湾の時に乗った地下鉄とほぼ同じくらいの綺麗さでした。

問題発生|WiFi切れる

ツアーを終えて、夜に友達と合流しようと思った矢先、問題が発生しました。イモトのWi-Fi、通信量オーバーで繋がらなくなりました。この時はめちゃくちゃ焦りました。身寄りもいない海外でスマホが使えなくなるなんて。そんな時、ホテルの近くにたまたまスタバがあったのでそこに逃げ込み、Wi-Fi環境を手に入れて何とか事なきを得ました。まじで焦った。。。

スターバックス タイ確かタイ限定の飲み物だったはず。焦りすぎてあまり記憶がございません。(笑)

友達がなんと仕事が遅くなるそうで、この日は急遽別の安宿を借りてそこに泊まることにしました。夕食を手に入れるべくスーパーへ。なんと、マックスバリューを発見したので入りました。結構、こういう風にタイに出店してる日本企業、かなり多かったです。商業施設なんかにも行くと、だいたい知ってるブランドがテナントで入ってたりとか。

タイ マックスバリュー若干節電気味のタイのマックスバリュー。

中ではだいぶラインナップは違いますが、日本のおにぎりやお弁当なども置いてあり、さすが日系企業という感じでした。

マックスバリュー タイなんて落ち着くパッケージだ。。。 「鮭」、「日本米」、「ツナマヨ」・・・。。。

この後安宿があまりに安宿過ぎたのか、宿のシャワールーム内に人生、初Gが同時に3体出現するというハプニングが起きました。今だから笑い話ですけど普通、日本でも1匹出ただけで大騒ぎになるのに、3体て。「タイふざけんなよ」とこの時は流石に思いました。殺虫剤片手にみっちり40分くらい格闘していた記憶があります。殺虫剤って吸いすぎると口とか痺れて来るんですね。皆さんはちゃんと換気しながら、絶対に真似しないでください。

ちなみにこの夜は、激闘を繰り広げたシャワールームに裸足で入りてくなさ過ぎたのか、友達が靴履いたままシャワー浴びてました。人間ってたくましいな。

さらに、翌日からは速攻4つ星ホテルに出戻りしていました。(笑)この頃からすっかり「安全」に対して金の糸目はつけないスタンスに友達と僕の二人とも思考が切り替わっていました。

疲れたので今日はこの辺で。まだまだ続きます。また次回お会いしましょう〜!

スポンサーリンク

RSS

 - 海外旅行