miyakoshiyuumeiのブログ

地銀(岩手県)→広告ベンチャーへ転職→WEBマーケベンチャーに転職し、マーケティング専門家目指して勉強中です。日頃気づいたことや勉強になったこと、他気になったことをずらずらずらーっとメモしていきます。

【バンコク〜深セン〜香港】せっかくなので有給休暇で海外旅行行ってきました(ラスト)⑥(香港編)

   

ーバンコク・深圳・香港海外旅行✈️パート⑥ー

長いことお付き合い頂きありがとうございました。
いよいよ6回に渡って書いてきた海外旅行レポート最終回です。
最後は世界のカオス、香港に行ってきた話です。

スポンサーリンク

■3カ国目:香港

深圳を旅して気づきましたが、実は深圳って香港のすぐ北に位置してるので、お隣なんですね。
ということは香港にも行けるやん!ということでノリで最終日前日は香港へ行くことになりました。(やった)

香港 深圳 近い深圳市のすぐ南に香港があリます

歩いて国境を超えるという経験

上記でも書きました通り、深圳と香港は隣り合わせのため、歩いて国境を超えることが可能です。

深圳ベイポート深圳ベイポート。ここから国境を越えられます。

ホテルからバスに乗り、ちょっと迷いながらも1時間ほどで深圳ベイポート国境庁へ。とにかく活気に溢れ、ものすごい人だかりでした。

国境を無事通過すると、バスターミナルがありました。ここから香港の市街地へ行けるようです。
ここで凡ミスが発覚。香港のお金(香港ドル)持ってない。国境越える前に換金してくりゃよかった・・・

途方にくれながらダメ元で市街地行きのバスの運転手さんに質問してみたところ、「中国元でも払えるよー」とのこと。マジか!これは背に腹案件。お釣りは出ないようですがお構い無しにチップ感覚で10人民元を投入し、いざ市街地へ。

悪の戦慄迷宮、重慶大厦(チョンキンマンション)

あっという間に市街地着いた。ここがかの有名な重慶大厦(チョンキンマンション)です

ということで香港の中心地に着きました。(実はバスで駅に着いてから、さらに現地通貨持ってない状態のまま電車も乗り継がなければならなかったのですが、なんと駅のセブンイレブンで人民元で買い物するとお釣りを香港ドルで出してくれるというウルトラCの裏技を教えてもらい、なんとか電車で中心地まで来れました。)

とはいえ、しっかり換金したいので良いレートの換金所を探しますよね。そこで観光客が行くのが、この「重慶大厦」なのです。ただしこの建物、ものすごい曰く付きでして、昔香港の九龍城塞(くーろんじょうさい)という、香港マフィアがうじゃうじゃいる犯罪の温床とまで呼ばれたマンション群があり、そこを政府によって追われたマフィア達が次の住処に選んだのがこの「重慶大厦」と言われるほどの噂があります。

行く前に友達とこの記事調べて、本当に震えました。
悪の戦慄迷宮!香港の安宿「重慶大厦」で、僕が陥ったカオスすぎる罠

((((;゚Д゚)))))))

ちなみに、中国人の友達にもWeChatで聞いてみたら「重慶大厦はやばいとこ」と言われましたw

なんて前情報で想像しながら行ったもんですから、本当にビビりました。この度一番のピンチだったかも。(Gと良い勝負)
とりあえず、中に入る前からインド系のお兄さんに「ニセモノどーですか、ニセモノ」と言われました。(意味わかって使ってんのかな・・・。)

中に入ってみるとやはりインド系の怪しい人たちが呼び込みをしていました。本能的に「止まったら終わりだ」と思ったので一回も止まらずに早足で換金所を探し回りました。そして、両替レートがちょっと店変えるだけで全然違う。(笑)なんとか換金に成功しました。「悪の巣窟」とか「バックパッカーの聖地」とか呼ばれていますが、正直ガチで怖すぎてここの安宿を借りるのは気が引けました。。。

香港の街並みは本当に独特の配色というかトーンで、映画の世界に飛び込んだかのような感覚でした!!

台風が来ていたため、100万ドルの夜景は諦める

ちょうど僕らが香港に来ていた頃、大型の台風がもうすぐというとこまで迫っていました。流石に最終日に冒険して帰れなくなるわけにいかないので、泣く泣く100万ドルの夜景は諦めました。。。

実際、帰った3日後に台風が直撃してました(^^;;;)

両替後、夜景も諦めてしまいやることもないので、街中をぶらつきました。

おみやげ用のクッキーを購入。

タピオカミルクティー屋の爽やかなお兄さん。

ツバメの巣パック 香港現地のドラッグストアで見つけた、珍しい「ツバメの巣パック」。

香港 熱さまシート小林退熱貼wなんの商品かはすぐわかりますねw

香港 小籠包

香港 チャーハン 炒飯仕上げに香港でも美味しい中華料理を食べてホテルに帰投しました。

以上、これで全日程終了です!!!翌日は早朝から空港へタクシーで行き、ひたすら飛行機の中で寝て日本へ帰ってきました〜!!!

という感じで3カ国旅して来ましたが、色々と貴重な経験ができ、勉強になりました。

【海外で感じたことまとめ】

初のバンコク〜深圳〜香港と3カ国もの海外旅行を終えて、色々感じた部分について箇条書きでまとめてみました。

・友達に恵まれていたこと(現地で会ってくれる人、一緒に来てくれる人、サポートしてくれた人)

・トラブルが当たり前なので、あまり苦にならなくなったこと
(ホテルでG騒ぎ、ぼったくりタクシー、WiFi切れて迷子など。。)

・日本は安全な暮らしがいかに保証されているかということ
タイは今を生きるのに必死、深圳は「豊かになろう」というハングリーさ、圧倒的な人数を武器にとてつもないスピードで成長し続けている。

・WeChatさえあればどこでも何でも出来てしまう。導入による悪影響を一旦無視してまで取り入れたことで、結果的に豊かな生活を手にしていると思った。日本だったら批判が出てそれまで。

・ofo,mobikeも自転車のメンテ、管理がしきれておらず、町中に自転車が捨てられていた。

・観光客目線でぼったくりや怪しい店はとても不安。現地で様々な人に助けてもらえたが、そういう「リスク」がもっと排除できれば訪れた国をもっと好きになれると思った。

・日本はルールを重んじるあまり、スピード感がない。多少間違ってもいいから実行してしまう方が得られるものは多い。あとから整備すればいい。

・教育にどれくらい力を入れるか次第で、国の「格」が変わると思った。モラルを持った人をどうやって増やすか。当たり前だが、どの国にもいい人はいる。

・体験して実際に知るとどんな人も考え方は変わると思った。

・下手くそな英語でも通じることはできる(深圳は除くw)

・ネット環境は必要不可欠の武器である

・タイ人は最後に「コップンカー」と手を合わせ、中国人は最後に「bye bye」と手を振って別れるのがかわいいなと思った。

以上です。
一週間で3カ国回るという過酷な旅でしたが、本当にいい経験させてもらいました。
協力いただいた皆さん、ありがとうございました!

スポンサーリンク

RSS

 - 旅行 , , ,