「とりあえず3年」の3年が経ちました。大企業とベンチャーの働いてみて感じた違いについて

とりあえず3年が経ちました Uncategorized
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

「とりあえず3年の3年が経ちました。」

広告じゃありません。

僕は今友達とだべりながら一緒にブログを書いているわけですが、なんとなく思えばいろんなことが転職してあったなあとふと振り返りたくなりました。

「とりあえず3年働いてみなよ」と転職界隈でよく聞く言葉がありますが、たしかに3年も働いてみると仕事にも慣れ、会社の全体像や自分の人生を振り返るターニングポイントの期間になりやすいなと肌でも実感しています。

地元の就職先から東京へ転職してみて感じた違い

大学を卒業してまずはじめに地元の銀行に入行したのですが、このままでいいのかもやもやしていました。
「せっかくの人生や、一回くらい東京で働いてみたい!」という思いもあり、友人や後輩、恩師に相談しまくりながらぐらぐらする心を押さえつけ、
「東京」✖︎「ベンチャー」✖「WEB系」をキーワードに現在の会社に入社しました。

理由は、今の自分の
「地元」✖︎「大企業(銀行」✖︎「金融」の反対の世界を経験してみたかったから、あとはWEBに興味があったからでした。

今思えば「ここではないどこかへ行ければ」くらいのノリ、なんというテキトーな状態で転職を考えていたのだろうかと自分の考えなさにドン引きしております。
決して入ったのが間違いとかでは全くなく、自分の軸がぶれぶれである以前に、軸にするだけのインプットをしてこなかったことが転職後に如実に現れて来ました。

ベンチャーだけあって、「やれることは何でもやる」というベンチャースピリットで、本当にありとあらゆる案件が舞い込んで来ます。

入社して、本当にいろんなことを経験させてもらいました。

・はじめての広告営業で代理店に行ったり
・時には土方作業したり
・コピー機運んだり
・資料作成がうまくできなくて夜中の2時まで粘ってチャリで家まで帰ったり
・サイネージをお店にセッティングしまくったり
・アイドルイベントに参加したり
・会社の危機を経験したり
・請求書のやりとりでミスって入金が遅れたり
・役員にコスプレさせてLIGみたいな記事書いたり
・SNSのプロモーションや広告を作って見たりSNSの運用コンサルをしたり
・WEB広告に手を出して見たり
・お客さんからしこたま怒られて謝罪に上司に付き合ってもらったり
・WEBサービスの運用をいきなり任されたり
・IT、広告の横文字をいっぱい覚えて知ったかぶりしたり
・東京の大学生の飲み方についていけなくなったり(仕事関係ねえ)

間違いなく、死ぬほど働きました。少なくとも毎日17時に家に帰ってた時代よりはずっと真剣に。
(自分の相対的な感覚であり、銀行で働くことが真剣じゃないわけではないです)

とにかく、東京に来ていろんなことを経験させてもらって良かったと心から感じています。
まあ、確実に貯金残高は減るわ、白髪と体重は増えて婚期もメッチャ伸びました。樹の年輪みたいなものだと思うしかないですね。笑

3年間ベンチャー企業で働いてみて思ったこと

銀行(大企業)とベンチャーの2社を経験して思ったのは、
大企業の【スケールさせるノウハウ】とベンチャーの【先見の明、突破力】をうまく組み合わせられたらいいなという事です。

ベンチャーは体制づくりが苦手です。その点、大企業は体制づくりがうまい。
マニュアル政治に徹して誰でも対応できる体制を作ることができる。そして、共有方法も確立されている。ただし一方、大企業は閉鎖的な雰囲気になりがちです。これはすべての大企業がそうだ!と言っている訳ではなく、人の人数が増えると会社の看板目当てで入ってくる人も増えてくるため、ベンチャーにはあまりいない、「指示をもらって動くのが得意なフォロワー体質な人」も相当数入ってくる構造になっているためです。

ベンチャーの人間を見ていて思うのは、皆ポジティブでいざという場面での一体感が出ると何とか乗り越えられるもんなんだなという力強さです。火事場の馬鹿力ですね。

僕はこの皆で一つの課題解決に向かってるという、一体感を感じられる時が好きです。

将来的に考えているのは「地元の活性化を手伝える仕事がしたいな」と、「くすぶっている人や自治体、企業やコミュニティにノウハウやらきっかけを提供し、その地域の活性化に繋げる」ということに興味を持っています。

ただ、普段の仕事をしている時や自分よりも優秀な人が沢山いる環境にいると、「自分はまだまだ勉強不足だな・・・」と萎縮してしまうシーンも沢山あります。仕事していると(主に自分の)不安が出て来すぎて、独立する勇気が削がれていくのはベンチャーの悪いところかもしれませんw

いつまでも勉強してても仕方ないので、今に集中してしっかり生きていこうという、
あまり締まらない意気込みを述べさせていただきこの辺で終わりにしたいと思います。僕と同年代のキャリアに悩む方の何か参考になりましたら幸いです。

よろしければ他にも色々記事を書いてますのでこちらもどうぞ。

【キャリアの話】人は「成長」しなければいけないのか?という疑問について考えてみた

【キャリアの話】人は「成長」しなければいけないのか?という疑問について考えてみた
これまで仕事を頑張ってきて、自分の中で「成長したい」という思いは常に持っていました。持っていたのですが、そもそもなんで「成長」しなければならないのだろう?と思いました。多分ずっとそれを続けてきたことで疲れてきたのもあると思います。僕は社会人の最初のキャリアを「地元の銀行」で始めました。今では転職して東京で働いているのですが、たとえば逆に、ずっと銀行にいたらどうなっていたのだろうか。

教育は「課金ゲー」だったという不都合な真実ェ・・・

教育は「課金ゲー」だったという不都合な真実ェ・・・
衝撃の事実。頭の良さは「課金具合」によって決まるそうです。 確かに課金ゲーだったんだと思うかもしれませんが、それ以上に教育という分野においては子だけではなく親も重要な要素で一緒に戦っていることを今一度認識した方がいいと思いました。

【大企業から転職】広告のベンチャー企業へ転職してから4ヶ月経った今大事だと思う事。

【大企業から転職】広告のベンチャー企業へ転職してから4ヶ月経った今大事だと思う事。
早いもので、5月の末に転職してからすでに4ヶ月が経ちました。 先日、上司と入ってからの3ヶ月ちょっとを振り返る機会があり色々と話したのですが、意識していかなければならない大事な事が2つありました。 「数字にコミットする事〜売上計画を逆算して行動する」「『この分野は俺が誰にも負けない!』強みを作る」です。

WEBマーケティングの会社に転職しました。それにあたって考えたこと、実行したこと

WEBマーケティングの会社に転職しました。それにあたって考えたこと、実行したこと
4年近く勤めた会社を退職致しました。今は一旦休みをもらったので実家に帰ってこれを書いてます。もちろん退職理由はネガではなく、ポジのつもりです。大変な事もたくさんあったけど、色々な経験を積ませてくれて人生で大きな経験値を得た、大好きな会社でした。そしてこれからもずっと何かで関わり続けたいし、そこに居た人との縁は一生大事にしていきたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました