miyakoshiyuumeiのブログ

平成元年生まれ レペゼンゆとり!→岩手県の大学→地元金融機関→大学生向けサービスベンチャー→WEBマーケティング系SaaSの企業に転職し、ど素人からマーケティングの専門家を目指して日々勉強中です。気づいたことや勉強になったこと、他気になったこと等をずらずらーっと書いてます。邦楽のロックバンドが好きです。

WEBマーケティング

Googleアナリティクスで流入元サイトの状況を把握するためのutmパラメーター設定方法について

投稿日:2017年11月11日 更新日:

googleアナリティクス

今回は仕事でGoogleアナリティクスをいじったりしているのですが、今までよくわからなかった「パラメーター」について勉強がてらまとめたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

詳しい方からしたら「WEB業界にいながらそんなこともわからんのか!」と言いたいところだと思いますが
なにとぞ、温かい目で見守ってやってくださいww

パラメーターとは?

Googleアナリティクスなどでよく使われる、言わば「あなたはどこからこのサイトに来たの?」を把握するためのタグ」のようなものです。

WEBサービスを運用するにあたって、集客のためにいろんなことをやってお客さんに来てもらうと思うのです。
例えばTwitterで広告を出してみたり、新聞に出稿してみたり、友達にQRコード入りのチラシを配って口コミで広めてもらったり・・・

パラメーターを導入することで、それぞれの施策からどれくらいの反響があったのか?を「見える化」することができるようになります。

Googleアナリティクスでのパラメーター付与方法

Googleアナリティクス用にこういったパラメーターを設定する場合、URLの末尾に「?utm_medium=○○〜」といった形でパラメーターを振ります。

■通常のURL

https://miyakoshiyuumei.com/

といった形になるのですが、これにパラメーターを付与すると、
以下の形になります。

■パラメーター付きURL(リンクがついてます。)

このような形になります。
通常のURLに「?」がついてその後にutm〜がくっついていますね。
これが「パラメーター」で、「このURLを踏んだ人はここのこういうチャンネルから来た人だよ」というのがわかるようになっています。

medium  メディア    → social
source   参照元     → Facebook
content   広告コンテンツ → Facebook_ad
campaign キャンペーン   → miyakoshi1

といった形でGoogleアナリティクス上に表示されるようになります!

実際にこのリンクで飛んでみた結果を、アナリティクスでみてみます。

google1
「集客」→「すべてのキャンペーン」→「キャンペーン」

うおおおおちゃんと来てる!!!www

「miyakoshi1」というキャンペーンからの流入であることがわかりますね。

個人的にはutm_campaign=○○〜が感動で、
新聞だったらutm_campaign=shinbun
Twitterだったらutm_campaign=twitter
友達の口コミだったらutm_campaign=tomodachi
とかでもOKなわけです。

※自分があとで把握できるキャンペーン名にしましょう

パラメーター導入のメリット

パラメーターの設定というと、かなり面倒臭い作業なのでは・・・と思いましたが、
結局のところ、設置するURL側を変えてやれば良いだけなので、とても簡単にできました。

WEBサービスの仕事をしていて、マーケティング施策がどれくらい効いているのか把握するためにはパラメーターが大必須だなということを最近学びました。
とても便利なので、皆さんもぜひ有効に活用して、レッツパラメーターライフ。(謎)

余談

最近勉強したことをを紹介しようと思ったら、、

Power Interactive Corpさんのサイトに書いてありました
https://www.powerweb.co.jp/column/campaign-paramater.html

なにこれめっちゃ分かりやすい
(かなり参考にさせて頂きました。ありがとうございます。)

俺の知りたいこと全部書いてあったわ。
この記事読む必要なかったです。

スポンサーリンク

-WEBマーケティング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

別に悪気はなかったんだ

WEBサイト制作の業務の流れについてまとめてみた。

スマホで読める面白系コンテンツを作ってみて感じた点について。

saas_kanki

マーケティング系SaaSが顧客の声を聞いてプロダクト改善を行うまで

WEB業界って案外火事場だなっていう怖い話

コトラーのマーケティング4.0

コトラーのマーケティング4.0を読んで「5A理論」に従ってみたらすごくわかりやすかった

スポンサーリンク